社会人デビュー組の過去の恋愛はこんな感じ!大学生〜新入社員時代までのリアルな恋愛談

男性

がむしゃらだった学生時代

浪人をして大学に入ってから、とにかく自分に自信が無いのをカバーするのに大変でした。

まず顔に自信が無かったので、ファッションセンスを身につけようと必死でした。

とにかく雑誌を読みまくり、服屋さんに行っては、雑誌に載っていた着こなしをするにはどうすればいいかを試行錯誤していました。

めちゃくちゃ服は買って、失敗しましたね。

 

同じようにサークル活動や勉強も頑張っていました。

テニスサークルで飲み会に参加したり、ゼミの授業にも真面目に参加をして勉強し、ビジネスコンテストに出たりするなど、意識が高い学生でした。

それでも、やはり女性に関してはからきしダメでしたね。

仲良くはなりますが、いい人止まりです。

彼女はできたのですが、言い寄ってくれた子に妥協して付き合ったという感じ。

※付き合ううちにとっても楽しくなりましたが。

そのまま彼女は関西で就職し、私は東京に上京することに。

 

いろんな人種がいる東京の魅力にやられる

そんな感じで遠距離をしていたのですが、やはり会えない寂しさでお別れすることに。

というよりも、やはり東京の魅力である新たな出会いにワクワクしてしまっていたからです。

新入社員ということもあり、来る日も来る日も合コンに明け暮れていました。

たくさんの女性に会うことで、自分がどんなレベルの女性であればいけるのかも肌感覚でわかってきましたし、自分を磨くことでその基準も上げられることがわかりました。

とにかく、無理目な女性だったとしても、その人とどういう風に出会い、彼女がどういう状況かによって、成功するかどうかはわからないことなども理解したつもりです。

いま振り返って言えることは、付き合いたいと思う女性ととにかくたくさん出会うこと。

これが非常に大事だということを実感しています。

みなさまにはそのレベルにまでいっていただきたいです。

 

とにかく出会ってアプローチしてみないとわからない

女性との出会いが増えることで実感したのは、女性への余裕が出来るとさらにモテる、ということでした。

変な攻め方をしなくなるからです。

1人の女性を狙っていると、女性が本当に嫌がっているのに押せ押せモードになったりしたり、上手くいかなくなると焦ったりイライラしたりしてしまいます。

それが、同時並行で女性とデートのセッティングなんかをしていると、別に1件ぐらい流れてしまっても、何にも気にならなくなります。

そりゃあ、これは逃がした魚は大きいぞ的な案件もありました。

でも、昔の自分ならくよくよ悩んでいたのが、むしろ結果を出したいのでれば、結果が出るまで行動しなければと思えるようになりました。

これは、いろんな女性と絡むことで、確実に成長した部分ですね。

そして、このマインドに行き着いたとき、仕事でも業績がグンと伸びました。

それに伴って収入も伸びたので、さらに女性からモテるようになりました。

 

でも、最初のトリガーは、いかに女性に好かれるか。

これを追い求めてからだったんです笑

いま、自分もモテてみたいと思ったのであれば、ぜひ一緒に自分磨きをしていきましょう。

そのためのサポートを全力でさせていただきます。

 

まとめ:過去の自分はひどかったけど努力した分磨かれた

管理人も、最初から自分磨きができていたわけではありません。

むしろ大学生になってやっと、お洒落に気を遣い始めたレベルなので、モテるまでに時間がかかりました。

大学生では、人数の多い学部やサークルに所属していたりしたので、それなりに彼女はできましたが、モテていたわけではないでしょう。

なので、社会人デビューをしたタイプです。

いまなかなか彼女ができなくて悩んでいる、今まで失敗し続けてきたので不安だ!という方でも大丈夫です。

しっかり努力を積めば、必ず成果はでます。

最初は恥ずかしいかもしれませんが、1つ1つ課題をクリアしていきましょう。

関連記事

ヤリ部屋 物件

ヤリ部屋に向いている物件の選び方

美容師

平日休みの仕事でも大丈夫!恋活アプリで恋人をゲットしよう

女性

女性が好きな男性に思わず取る態度5選【草食系な人は必見!】

恋人

恋人ができる気がしない!?出会いの量とアプローチ回数に注力すべし

アプリ

【恋活アプリ・婚活サイト・出会い系アプリ】を全て試してわかったそれぞれの特徴

ビンタ

振られる前の対応策!適度な連絡と劣勢な状況を回避するトークを準備